見出し画像

「しあわせな結婚って?」いい夫婦の日に合わせてみんなで考えてみた【後編/ブライダルリング編】

様々なバックグラウンドをお持ちの方の「しあわせな結婚ってなんだろう」に対する想いを伺うインタビュー連載。第2弾はいい夫婦の日にちなんだスペシャル企画として、初の座談会を開催しました。メンバーはデジタルマーケティングエージェンシーでプロデューサー職をされている ながさきふみさん(写真左/以下:ながさきさん)、パートナーを大事にしたい人同士のコミュニティ「スキ活サロン」を運営されている あつたゆかさん(写真中央/以下:あつたさん)、そして弊社ジュエリーデザイナー 小林明美(写真右/以下:小林)の3人。

後編は結婚と強いつながりを持つ「ブライダルリング」がテーマです。ブライダルリングは本当に一生物?本当はなくてもいい?実はブライダルリングに関して、かなり先進的な考えをお持ちの皆さん。それぞれの声から、これからの時代の新たなブライダルリング像が見えてきます。

画像7

ブライダルリングはいる?いらない?

BRILLIANCE+:
結婚に欠かせないと考えられているもののひとつが、ブライダルリングだと思います。皆さんは婚約指輪や結婚指輪に関してはどうお考えですか?なかなか個性的な意見が聞けそうな気がするのですが…(笑)

あつたさん:
私は婚約指輪も結婚指輪も購入していなくて。私が普段からものをすごくよくなくしちゃうんですよ。しかも指を拘束されるのもあんまり好きじゃなくて。夫には虫よけの意味も込めて着けて欲しいと言われたんですけれど、私毎日twitterで「夫のことが大好き」ってつぶやいてるんだから、これ以上の虫よけある?みたいな話になって(笑)そのお金で三種の神器であるルンバ・食洗機・洗濯機が欲しいですってお願いしました。

でも結婚式で指輪の交換があるじゃないですか。それで代わりにApple Watchを購入して。Apple Watchはカロリー消費を表示できたりとか、健康管理のためのアプリがいくつも入ってますよね。ずっと一緒に長生きしようねっていう想いを込めたんです。

画像7

ながさきさん:
私は婚約指輪は要らない派です。結婚指輪は今のところは欲しいと思ってるんですけれど、正直何で欲しいんだろうって改めて考えてみると、多分憧れというよりは「した」っていう証明。先程触れた世間体とも関連して「ちゃんとできましたよ」みたいな安心感が自分の中で欲しいんだろうなって今日考えちゃったんですよ。でも婚姻届と一緒で、それって二人の関係を本当の意味で証明することにはならない。だったら要らないのかなとも思ってしまったり…。

でも私はやっぱりアクセサリーが好きなので、購入するのだとしたらファッションリングとして着けられるデザインだということが何よりも重要になると思います。

小林:
私も実は婚約指輪も結婚指輪も持っていないんですよ。婚約指輪に関してはもともと興味が持てなくて。代わりに好きなファッションリングを買ってもらいました。結婚指輪は自分で作ったんですけれど、重た過ぎて使わなくなっちゃって…溶かして売ってしまったんです(笑)今は主人が結婚前に買ってくれたリングを、好きだから着けているという感じです。なので私は指輪にはそんなに束縛されていないですね。

ながさきさん:
そうなんです、束縛のためのリングはしたくないんですよね。

画像7

小林:
せっかく買うんだったらデザインを重視して普段使いできるものを選んで欲しい。そして買ったら毎日着けて欲しいです。「好き」と「ファッション」の延長で着ける、そういう形を私もジュエリーデザイナーとして提案していきたいと思っています。実はそんなこだわりを込めて作り上げたのがBEAMS DESIGNとのコラボレーションリングなんです。

ながさきさん:
サイトを見て本当に素敵だなと思いました。ファッションジュエリー感覚で着けられるデザインもそうですけれど、記念日ごとに買い足して重ね着けするという提案も。こういうデザイン・着け方だったら結婚指輪ってすごくいいなと思いました。自分の価値観が変わった瞬間でしたね。

小林:
ありがとうございます。
普段使いもできるブライダルリング。日常に馴染むよう余分な要素を削り落としてシンプルにしなくてはいけないので、逆にデザインするのが非常に難しいんですけれど、これからも取り組んでいきたいです。

画像7

もっと軽やかに自分らしく、ブライダルリングのこれから

BRILLIANCE+:
皆さんブライダルジュエリーに関しても、すごく自由な考えをお持ちですね!でも多様化する世の中では、今後同じ考えの方も増えていく予感がします。
BRILLIANCE+では結婚指輪や婚約指輪に関しての意識調査を行ったのですが、こちらも踏まえてこれからブライダルジュエリーはどんな風に変化していくと思うか「ブライダルリングのこれから」の予想をぜひお聞きしたいです。きっとこれから婚約指輪や結婚指輪を選ぶ方のヒントにもなると思うので…!

小林:
そうですね、私たちはブライダルリングが絶対に欲しいと思っている人間ではありませんけれど、調査結果によると55.4%の未婚者の方が結婚指輪を購入しようと、必要だと考えている。だったら作り手からすると、ブライダルリングというものは続いて欲しいと思います。

けれどリングってどんなにいいものでも絶対に飽きてしまうと思う。だから買い替えたりとか柔軟性を持って楽しんで欲しいです。それに地金も高騰しているので、売って家電に買い換えたっていいと思うんです。だって、もともと金の結婚指輪は女性が生活に困らないように持っていたものなので、原点回帰のような形で。

ながさきさん:
私ももっと多様になっていけばいいと感じていて。デザインやブランドの選択肢が広がっていくんじゃないのかなと思っているし、そうなっていけばいいと考えています。だからハイブランドがいいとかこういうデザインが王道だとか世間的な評価を基準に選ぶのでなくて、自分たちはこういうものがいいよという発信的な意味で着けられるのがすごくいいと思いますね。

画像7

あつたさん:
婚約指輪や結婚指輪の意味付けをみんなが真剣にしていく時代になるんじゃないかと思います。
私も結婚指輪を買おうか悩んだ時に、結婚指輪の意味を調べたんです。そうしたら「仲良くいようね」という約束の意味だということでした。そう考えると私の場合家事が負担でイライラしていたらずっと仲良くいるのって難しいから、家事を効率化する家電のほうが「仲良くいようね」という意志の表明になるんじゃないかと思ったんです。だから私はブライダルリングの代わりに家電を買ってもらうことに決めました。

必ずしも指輪だけが約束の印じゃないと思うんです。全ての人がゼロベースでブライダルリングというものの意味合いを考えられると、もっと楽しくなっていくんじゃないでしょうか。

BRILLIANCE+:
結婚やブライダルジュエリーは「こうあるべき」という考えが根強い事柄ですが、確かに選択肢がどんどん広がるこれからの時代、必ずしも従来の枠に収まる必要はありませんよね。
私たちBRILLIANCE+も既成概念にとらわれず、一人ひとりの方の想いやしあわせの形に寄り添えるブランドでありたいと改めて思いました。
本日は素敵なお話をありがとうございました。

画像7

ながさきふみ
大学院で化粧心理学の研究に従事した後、化粧品メーカーで感性研究やメイクブランドの商品企画を担当。
その後Web業界に転職し、DeNA等でサービスのブランド戦略構築やマーケティングに従事。
現職はデジタルエージェンシーでプロデューサー業務に携わる。
趣味はアクセサリー製作。
あつたゆか
夫が好きすぎる会社員。
「誰もが好きな人と仲良しでいられる社会をつくる」をビジョンに株式会社すきだよを設立し、パートナーを大切にしたい人同士のコミュニティ「スキ活サロン」や「のろけBAR」などの活動を行う。新R25で多様な結婚観を取材する「結婚2.0」連載中。
小林明美(こばやしあけみ)
株式会社キュー
商品企画部
デザイナー
2013年 社外デザイナーとして株式会社キューに中途入社。
大手ジュエリー会社インハウスデザイナーとしての経験を活かし、現在はMD業務を兼務しつつ、フルオーダーやイベント配布用ノベルティ、商品ケースや貸出サンプル用ケースなどの幅広いデザイン業務に携わる。
【現職にてデザインを手掛けたアイテム】
パールシリーズ
ステラーシリーズ
ファンシーシェイプダイヤモンドネックレス/リング


【皆さんが選んだ「今ならこれを着けたい」BRILLIANCE+のブライダルジュエリー】


<ながさきふみ さん>
婚約指輪

婚約指輪にお金を掛けるのであれば、旅行に行くか上質な結婚指輪を買いたいと思うので、基本的にはいらないと思っています。けれどあえて選ぶのであればこちらを。
ぎらぎら主張しすぎていない可愛らしいデザインと、価格とのバランスに惹かれました。

結婚指輪

せっかくのペアリングなので、男性とのペア感が楽しめるユニセックスなデザインがいいと思っています。
こちらはヘアーラインだから生まれる、主張しすぎないまろやかな光が上品で惹かれました。
それに他の人とは被らない個性、そして重ね着けしてファッションリングのように楽しめることもポイントです。

<あつたゆか さん>
婚約指輪
指につけるものが苦手なのと、役に立つものがいいので、婚約指輪を買うなら最新家電がほしい派です。

結婚指輪

指輪は苦手ですがネックレスは好きです。

(※イニシャル部分は変更できます)

<小林明美>
婚約指輪

定番デザインのように見えてひとひねりある、こんなかわいい爪留めデザインが今の気分です。

結婚指輪

ずっと使うことを考えて、究極のシンプルデザインをチョイスしました。

‐‐‐‐‐‐‐‐

BRILLIANCE+は毎年「いい夫婦の日」に、ご夫婦がじっくりと向き合える「いい時間」をお贈りしています。
2019年はレストランでの素敵なディナープランです。

‐‐‐‐‐‐‐‐

BRILLIANCE+オンラインストア
BRILLIANCE+ショールーム

Instagramでは「#暮らしとジュエリー」をテーマにジュエリーのデイリーコーデやパートナーとの日常の写真を投稿しています。

ありがとうございます💍素敵な一日になりますように
13
他の誰でもない、あなたらしさの詰まった、暮らしになじむジュエリーを選んでほしい。「すべての人に輝きを」をミッションに掲げるD2Cジュエリーブランド「BRILLIANCE+(ブリリアンスプラス)」が”しあわせな結婚””しあわせの価値観”を集め考えていく場所です。

こちらでもピックアップされています

"しあわせな結婚"ってなんだろう?
"しあわせな結婚"ってなんだろう?
  • 7本

「すべての人に輝きを」をミッションに掲げるD2Cジュエリーブランド「BRILLIANCE+(ブリリアンスプラス)」が"しあわせな結婚""しあわせの価値観"を集め考えていく場所です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。