BRILLIANCE+ note

他の誰でもない、あなたらしさの詰まった、暮らしになじむジュエリーを選んでほしい。「すべての人に輝きを」をミッションに掲げるD2Cジュエリーブランド「BRILLIANCE+(ブリリアンスプラス)」が”しあわせな結婚””しあわせの価値観”を集め考えていく場所です。

【投稿企画】#MarryMeを訳してみたら

夫婦出版社「アタシ社」さんとのコラボレーション投稿企画「#MarryMeを訳してみたら」にお寄せいただいた198作品の中から、BRILLIANCE+のスタッフが厳選した作品をご紹介させていただきます。

  • 5本

「#MarryMeを訳してみたら」ピックアップ作品を発表!作品集の全国配布がスタートします

2月22日(月)〜3月31日(水)の期間で開催させていただいた「#MarryMeを訳してみたら」投稿企画。その作品集である『「読むプロポーズ」ブック MarryMeを訳してみたら』が完成いたしました! プロポーズに込められた、誰かを思う気持ちは、どれ一つとして同じではありません。だからプロポーズは多様で良いと、私たちは思います。 人それぞれ異なる「Will You Marry Me?」の訳し方、プロポーズの言葉を通して、様々なパートナーシップの形を愛でられたら。そんな想いを

スキ
11

【ピックアップ作品は「読むプロポーズブック」に収録】アタシ社さんとのコラボ投稿企画「#MarryMeを訳してみたら」を開催します!

忙しなく過ぎていった2020年、そして迎えた2021年。 昨年から今年にかけて起こった社会の大きな変化を受けて、今一度自分の足元を見つめ直してみたいと感じた方も多いのではないでしょうか。 noteページの開設から約1年半、様々なパートナーシップ・結婚の形を集めてきましたが、今だからこそ改めて「もっとたくさんの方の声を聞いてみたい」「恋人やパートナーへまっすぐ想いを告げる大切さを伝えたい」「自分たちらしいパートナーシップの形を考える機会を創りたい」と強く感じています。 そこで

スキ
13

身近なところにしあわせが

「#MarryMeを訳してみたら」 考えてみました。 私は 「これからは、一緒に季節をみつけませんか?」 ですかね。 桜が咲いたり、つくしがはえたり。 蛍がとぶのを観に行ったり。 とっても暑くて、こんがり肌がやけたり。 コスモスがゆらゆらしてたり  イチョウやキンモクセイの香りがしたり。 寒くて息が白くなったり。 そんなささやかな季節の移ろいを ふたりならんで感じあえたら、 しあわせだなあ。

スキ
2

笑わないで聞いてね

気づけばいつも貴方と一緒にいる。 同性でも、好きなものが一緒でも、       他の人はなんだか違うんだ。 形は同じなのに大きさが違うピースみたいに 小さくて、大きな違い。 楽しかったことも、悲しかったことも 気持ちを共有したいと思うのは貴方だけ。 ふとしたときに同じタイミングで目が合うとか 2人で食べるプリンを買ってきてくれてたりとか 笑いのツボが一緒だったりとか そんな些細なことが嬉しくて 「この時間がずっと続けばいいのに」 なんて思ったりして。

スキ
4

"しあわせな結婚"ってなんだろう?

「すべての人に輝きを」をミッションに掲げるD2Cジュエリーブランド「BRILLIANCE+(ブリリアンスプラス)」が"しあわせな結婚""しあわせの価値観"を集め考えていく場所です。

  • 10本

「しあわせな結婚とは、他者が他者であることを許せること」アタシ社・ミネシンゴさん×三根かよこさん ご夫婦

様々なバックグラウンドをお持ちの方の「しあわせな結婚ってなんだろう」に対する想いを伺うインタビュー連載。今回はご夫婦で出版社『アタシ社』を営まれているミネシンゴさん・三根かよこさんにお話を伺いました。 お二人は今年2月から約1ヶ月間開催されるnote投稿企画「#MarryMeを訳してみたら」の共同開催者でもあります。パートナーシップに関して様々なインタビューを続けている私たち。ご夫婦で仕事をされているお二人に、前々からぜひお話を伺ってみたいと思っていました。 どうして夫婦

スキ
12

“いい夫婦”の話をしよう Abel ディレクター・原田沙奈子さん×フリーランスPR・石岡真実さん 前編

理想の夫婦、夫婦でよかったと感じた瞬間など。パートナーと“いい夫婦”像を共有することは、お互いへの理解を深め、さらに“いい夫婦”に近づけるはず。 そんなコミュニケーションのきっかけになればと、11月22日「いい夫婦の日」にブリリアンスプラス初となる、YouTube LIVEを開催。ゲストにアパレルブランド『Abel』ディレクター兼プレスの原田沙奈子さん(写真右:以下、原田さん)、Instagramでシティファッションをメインとしたライフスタイルを配信して人気を集める石岡真実

スキ
4

“いい夫婦”の話をしよう Abel ディレクター・原田沙奈子さん×フリーランスPR・石岡真実さん 後編

パートナーと“いい夫婦”像を共有するコミュニケーションのきっかけになればと、11月22日「いい夫婦の日」に開催された、ブリリアンスプラス初となるYouTube LIVE。ゲストにアパレルブランド『Abel』ディレクター兼プレスの原田沙奈子さん(写真右:以下、原田さん)、Instagramでシティファッションをメインとしたライフスタイルを配信して人気を集める石岡真実さん(写真中央:以下、石岡さん)をお招きし「夫婦」について考えるトークセッションを行いました。 前編から読むかた

スキ
3

「ちいさな幸せにも感謝したいから、私たちは今日も写真を撮る」フリーランスフォトグラファー・jyota tomonoriさん×misuzuさん

今まで当たり前だと思っていたことが、実はとても大きな幸せだったのかもしれない。この数ヶ月そう感じながら過ごされている方も、少なくないのではないかと思います。 その中でも大切な人と過ごす何気ない時間の尊さは特別なもの。今だからこそ、そんな瞬間を集めて皆さんとシェアできたら。そんな想いでこの夏、フォトライフスタイルWEBマガジンNICO STOPさんと「#あなたと過ごす日々」というフォトアワードを開催することになりました。 今回はフォトアワードのために作品を作ってくださったjy

スキ
14

【お題企画】#あなたに出会えてよかった

noteさんとのコラボレーションお題企画「#あなたに出会えてよかった」に投稿いただいた作品の中からBRILLIANCE+のスタッフが厳選した作品をご紹介させていただきます。

  • 10本

お題企画「#あなたに出会えてよかった」ピックアップ作品をご紹介します!

2020年2月13日から開始したお題企画「 #あなたに出会えてよかった 」。約1ヶ月間で投稿していただいた作品は、なんと10,000件を超えました。たくさんの方に参加していただき、嬉しい気持ちでいっぱいです。皆様、本当にありがとうございました…! 全て読んでいただきたい気持ちはやまやまですが、今回はその中でもブリリアンスプラスのスタッフの心を打った珠玉のピックアップ作品を9つ、スタッフのコメントとともにご紹介します。 【支えるかたち】さおりさん 結婚14年目に思い出す、彼

スキ
22

夫婦の会話に中身がない

世の中の夫婦は、いったいどんな会話をしているのだろう。 友達の口から語られる「この前、夫と話してたんだけど~」から続く言葉は、だいたい中身のあるものだ。 でも、中身のない会話もしてるのかな。それをわざわざ、人に言わないだけで。 私たち夫婦はというと、8割方、中身のない話をしている。 今は離れて生活しているのでたまにLINEで通話をするが、先日は、「犬のうんちの大きさをかりんとうに換算する」話をした。 私は最近サモエドにハマっていて、毎日YouTubeでサモエド動画ば

スキ
360

ズボラ女、お洒落なティーカップを買う。

夫と暮らしはじめて4年ほどになる。彼はどうも不思議な生き物で、いまだに何を考えているのかよくわからない。少なくともわかるのは、丁寧な暮らしをストイックに追い求める修行僧のような人で、ズボラで雑な私とは正反対だってこと。そして意外と愛情深い人ってことだ。とりあえず、丁寧男と呼んでおく。 2月初旬、甘いものを積極的に食べない習性がある丁寧男にバレンタインに何がほしいかと尋ねてみると、こんな答えが返ってきた。 「お洒落なティーカップ」 おお、なるほどね。いいじゃんか! 私は

スキ
141

他の誰かにならなくていい。必要なのは少しの「勇気」

「他の誰かになろうとしなくていい。無理に何かをできるようにならなくていい。Maiは自分で思っているよりも、色んなことができてるんやよ。必要な時に、ほんの少しの勇気を出してやったらいいねん。」 旦那さんの言葉に、ただでさえ弱い涙腺が崩壊する。 無理にでも、何かをできるようにならないとダメ。旦那さんみたいに、英語ももっと話せないといけない、もっと彼みたいにお話上手にならないと、もっと賢くならないと、彼に見合わないんじゃないか。そんなことがグルグル頭の中を駆け巡っていた。 で

スキ
19